イメージ画像

保険は「何となく入るもの」ではなく「納得して入るもの」
「売れている保険」と「良い保険」は全く違います

第一生命って、こんな会社です

第一生命とは、正式名称「第一生命保険株式会社」です。

東京ディズニーリゾートの参加企業(オフィシャルスポンサー)として有名な同社ですが、どのような会社なのかを概要、安全指標、取り組みの視点からご説明致します。

まず第一生命の概要です。

概要

1902年に相互会社形式の生命保険会社として設立されました。当時日本で初の相互会社形式の生命保険会社だったことから社名を「第一」としていましたが、その後2010年4月1日に株式会社として東証1部に上場しました。

現在は経営理念を『お客様第一主義「一生涯のパートナー」』としています。

安全性

金融機関としての安全指標ですが、格付投資情報センターにてメガバンクに劣らない、A+をとっています。また、保険金の支払余力を示すソルベンシー・マージン比率は575.9%です。この数値が、200%を下回った場合、原則として金融庁から早期是正措置がとられることとなっています。ソルベンシー・マージン比率は1000%以上を誇る会社もありますが、設立から年数が経っていない会社は自己資本に見合うリスクをまだとっていないため一般的には高い比率を維持しているケースもあります。

社会貢献活動

長い歴史を持ち、安定的な経営をしている第一生命ですが、同社の取り組みは多岐にわたっています。第一生命は、社会貢献活動として3つのテーマを持っています。

まず一つ目は健康増進です。1950年に創設された保健衛生の工場に取り組む人々に感謝と敬意を捧げる賞で、厚生労働省などの後援をもとに毎年授与式が行われています。そのほか心臓血管研究や姿勢研究、臓器ドナーバンク登録・献血の推進など行っています。

また、二つ目のテーマとして豊かな次世代社会の創造に向け、消費者向けのイベント開催、産学連携による研究を行っています。

さらに三つ目のテーマとして環境保全を行っています。具体的には緑の環境デザイン賞、緑の都市賞の授与、そしてエコキャップ運動を推進しています。

このような中心となる活動のほかにも、東京ディズニーリゾートの参加企業ともなっています。オフィシャルスポンサーとしてキャラクターの使用や、契約者は営業社員からチケットを安く入手することができ、スポンサーラウンジの使用が可能などの特典があります。

第一生命は日本で長い歴史を持っており、その金融機関としての健全性はもちろんのこと、日本を代表する企業として様々な取り組みを行っています。保険会社は数多く存在しますが、各社様々な商品の違いだけでなく、多岐にわたる特徴を持っています。このような視点で保険会社を見てみるのも非常に興味深いかもしれません。

求められるもの

第一生命は、日本を代表する保険会社であることは間違いありません。

それだけに、利益は大きいものの批判も大きい定期特約付き保険商品の販売見直しや、レベルが高いとは言えない販売員の質の向上、そして何より、ここまで大きくなってしまった他社との保険料の差の解消については、大きな責任を負っていることも事実だと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ